落ち込んでいる男性
早漏をあきらめるのはまだ早い!?早漏の改善方法は治療薬やコンドームなどいろいろあります。すぐ射精してしまうからと性行為が億劫になったり、自信が持てないことでより状態は悪化する場合もあります。早漏についてまずはよく学び、少しずつ改善していきませんか?

世界初の服用する早漏防止治療薬プリリジー

早漏防止治療薬のプリリジープリリジーは射精するまでの時間を延長できる、世界初の服用する早漏防止治療薬なので性行為の前に服用すれば早漏を改善できます。
ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門で、ベルギーに本社があるヤンセン・シラグ社によって開発されています。
販売しているのはメナリーニ社です。

ヨーロッパを中心にシンガポールやマレーシアなど世界60ヵ国以上で認可されています。
早漏治療の第一選択薬として使われています。世界中の人が服用していて人気が高いです。ですが、日本ではまだ認可されていません。
日本で処方する場合は厚生労働省の許可が必要なので、プリリジーを取り扱っているクリニックは少ないです。

プリリジーの有効成分はダポキセチンで、SSRIに分類されています。
ダポキセチンは脳内物質のセロトニンの分泌を増やして、興奮状態を抑えてくれます。
感度が鈍ることはないので、自分だけではなく恋人も高い満足度を得られるでしょう。
お互い性行為で満足できれば、いい関係を築くことができます。
ですので、射精するまでの時間が延長できれば自信をつけられます。

EDと早漏は併発しやすいので悩んでいる人はたくさんいるでしょう。
プリリジーED治療薬と併用できるのでオススメです。
ED治療薬のレビトラには射精するまでの時間を延長する効果もあるので、併用すれば相乗効果が生まれます。
ですので、射精するまでの時間をさらに延長できるでしょう。

プリリジーは性行為の1時間から3時間前にコップ1杯分の水かぬるま湯で服用します。
コップ1杯分の水かぬるま湯で服用すれば、錠剤が正常に溶けるので効果を最大限に発揮できます。
アルコールなどと一緒に服用すると悪酔いする場合があるので注意が必要です。

プリリジーの種類は有効成分の量によって30mg・60mg・90mgがあります。
1日の極量は90mgなので、思ったような効果が得られなかったとしても、90mg以上服用してはいけません。

挿入時間が2倍から最大で4倍まで長持ちする!

性的な刺激や興奮によって脳内にノルアドレナリンが分泌されます。
ノルアドレナリンは緊張や興奮を高める物質なので、交感神経が活発になり心拍数や脈を高められます。
脳内にノルアドレナリンが過剰に分泌されると、過剰に興奮してしまい早漏になってしまうのです。

ですので、プリリジーを服用すると興奮状態を落ち着かせてくれるので射精するまでの時間を延長できます。
プリリジーは性行為の1時間から3時間前に服用すれば、射精するまでの時間を延長できます。
挿入時間は2倍から4倍になるでしょう。効果の持続時間は5時間から6時間程度です。

プリリジーは安全性が高い薬なので、副作用は少なく重篤な副作用は報告されていません。
副作用の頻度は1%から10%未満と言われています。主な副作用は頭痛や睡眠障害、下痢や嘔吐などです。
こういった副作用は一時的なものなので、プリリジーの効果がなくなるにつれて副作用もなくなってきます。

起立性低血圧を誘発させるという報告もあるので、立ちくらみしやすい人は気をつけましょう。
運動の後など脱水症状気味の時に服用すると下痢や嘔吐、高熱などの副作用が出る場合があるので注意が必要です。
ですので、水分補給をした状態で服用しないといけません。正しい用法用量を守って早漏を改善しましょう。

女性や18歳未満の人、65歳以上の人は服用してはいけません。
重度の狭心症や心筋梗塞の人、てんかんの発作を起こす人なども服用を禁止されています。
併用禁忌薬もあるので注意が必要です。
抗うつ剤や鎮痛剤、睡眠薬や抗真菌薬などを服用している人はプリリジーを服用できません。
ですので、普段服用している薬がある人や気になる症状がある人は服用する前に医師に相談してください。

関連記事はこちら